音楽を聴きながら勉強するのは良い?メリットやデメリット、音楽の選び方

最終更新日

ご覧いただきありがとうございます。元塾講師の在宅ライター、沙穂です。

「音楽を聴きながら勉強する」ことに関しては、賛否両論ありますよね。音楽が与える影響は、脳科学でも研究されています。

実際、運動選手は、音楽を聴くことでパフォーマンスを向上させているという話もありますしね。

しかし、体を動かすアスリートと、脳を動かす勉強する人では、状況が異なります。

自習室やカフェで勉強する際に、耳にイヤフォンやヘッドフォンを付けて勉強している人は少なくありませんが、実のところ、勉強の効率を左右するのでしょうか?

今回は、音楽を聴きながら勉強するメリットと、デメリットを綴っていきたいと思います。勉強をしながた音楽を聴く際の、音楽の選び方もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■音楽を聴きながら勉強するメリット【1】気分が上がって、勉強が楽しく感じる

好きな音楽を聞いている時って、気分が盛り上がって、テンションもアップしますよね。

したがって、音楽を聴きながら勉強すると、気分が乗った状態になるので、勉強が楽しく感じるというメリットがあります。

■音楽を聴きながら勉強するメリット【2】うまく利用すれば勉強の効率がアップする

音楽には、テンションが上がるものもありますが、気分を落ち着かせてくれたり、リラックスさせてくれるものもあります。

そのような音楽を聴きながら勉強すれば、程よくリラックスした状態で勉強できるというメリットもあります。

また、音楽には、「α(アルファ)波」と呼ばれる、集中力や記憶力を高めてくれるという波長を持つ音楽もあります。

そのような音楽を聴きながら勉強すれば、集中力や記憶力を高めて勉強に集中できるので、勉強の効率がアップする効果も期待できます。

そして、音楽を聴きながら勉強できる人は、静かな環境よりも、程よくうるさい環境の方が集中できる人です。自習室や自分の部屋って、とても静かで、逆に落ち着かないという方ですね。そのような方も、音楽を聴きながら勉強すれば、シーンとした静かな環境でも集中しやすくなります。

■音楽を聴きながら勉強するメリット【3】周囲の雑音をガードして、自分の世界に入れる

自習室のような人の集まる場所で勉強をする際、周囲の人が出す雑音が気になることってありますよね。

せっかく集中していたのに、周りの人の音によって集中力が途切れてしまうのは避けたいものです。

そのような場合も、音楽を聞いておけば、雑音が聞こえなくなるので、自分の世界に入り、勉強に集中できるというメリットもあります。

■音楽を聴きながら勉強するデメリットや注意点【1】場合によっては勉強の効率がダウンする

ここまで読むと、「音楽を聴きながら勉強するのってメリットばかり」だと思われやすいですが、実はデメリットや注意点もあります。

例えば、音楽を聴きながら勉強するのは、いわゆる「ながら作業」の1つです。脳は、「勉強をする」ことと「音楽を聴く」ことの、2つのタスクを同時にこなしています。

したがって、脳に勉強内容を覚えさせる「暗記」を行なっている場合は、音楽を聴くことで、脳の一部が使用されてしまいますので、効率がダウンすると言われていますので注意したいですね。

音楽を聴きながら勉強できるかどうかは、学習する教科や勉強内容、モチベーションなどによって異なります。

音楽を聴きながら勉強していい教科や、勉強内容をご紹介します。

英単語や熟語を覚えたり、理科や社会の暗記をする場合は、音楽を聴くのは避けたほうがいいですね。ただし、暗記作業が退屈で、集中力が続かない場合は、音楽を聞いて気を紛らわせ、モチベーションをアップさせられる場合もあります。

一方、簡単な問題演習や、漢字演習、英単語演習など、知っている知識を利用して問題を解く場合は、音楽を聴きながら勉強しても良いと言われています。

ただし、問題演習というジャンルであっても、応用問題は、思考力を必要としますので、勉強中に音楽を聴くのは避けたほうがいいですね。国語や英語などの長文読解も、音楽を聴きながら行うと、読んだ内容が頭に入って来にくくなるので、音楽を聞かないで演習しましょう。

■音楽を聴きながら勉強するデメリットや注意点【2】音楽を聴けない場合に、雑音が気になる

確かに、音楽を聴きながら勉強すると、周囲の雑音をシャットアウトできるメリットはあります。

しかし、テストや入試本番は、音楽を聴くことができません。

音楽を聴きながら勉強することに慣れてしまうと、シーンとした試験会場で落ち着かなくなったり、周囲の雑音がやたらと気になるようになる可能性がありますので注意したいですね。

■音楽を聴きながら勉強する際の音楽の選び方

ご紹介したように、音楽を聴きながら勉強する際には、勉強の内容だけでなく、聴く音楽の種類が大事です。

音楽の種類によっては、勉強の妨げになることもあります。

勉強する際に聴く音楽としておすすめしたいのが、歌詞がないインストゥルメンタルの音楽です。

例えば、

  • クラシック
  • ジャズ
  • ボサノヴァ
  • カフェミュージック

などが勉強中のBGMとしておすすめです。勉強に集中できる音楽ランキングに、必ずと言って良いほど入っている音楽ですね。

歌詞があるJ-popや、テンションが上がるようなテンポの良い音楽や、激しい音楽は、勉強前に聴いて気分を盛り上げる場合に使いましょう。勉強中は、しっとりとした、リラックスできて集中できるような音楽を聴きましょう。ただし、リラックスしすぎると眠くなってしまうので、注意ですね。

また、自分の好きな音楽を聴くのも、勉強よりも音楽に気を取られてしまうので、勉強中には避けた方がいいですね。あまり興味のない音楽でしたら、聞き流すことができますので、勉強の方に集中しやすくなりますよ。

DHOLIC

私の場合は、外国語が苦手なこともあり、歌詞のわからない英語や韓国語の歌詞の入っている曲をかけて勉強することもあります。

あとは、勉強や作業用の音楽アプリやYouTube(ユーチューブ)にあるような、いわゆる生活音や自然の音を流して勉強することもあります。

生活音は、食器やカトラリーの音や、小さい人の話し声、椅子やテーブルなどが動く音など、まるでカフェの中にいるような音を収録した音です。

自然音は、川のせせらぎや波の音などを収録したものです。音楽よりも勉強や作業、仕事などの邪魔になりにくいですよ。

20万冊以上から選び放題!紙の本のサブスク「タダ本」 最後までご覧いただきありがとうございました。音楽を聴きながら勉強するのって良いのかどうかは、勉強する教科や内容、コンディションなどによって異なります。音楽を上手に利用して、勉強の能率をアップさせたいですね。

 

人気ブログランキングに参加しています。応援していただけたら嬉しいです~

人気ブログランキングへ

 

 

にほんブログ村にも登録中です。応援していただけたら喜びます~

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする