Webライティングのスピードアップ方法

最終更新日

ご覧いただきありがとうございます。沙穂です。

在宅のWebライターといっても、さまざまなお仕事のスタイルがありますが、私の場合、依頼主さんとの連絡は1週間に2日です。

お仕事を依頼してもらう日

と、

作成した記事を納品する日

です。

もちろんクライアントさんが複数いる場合は、ほぼ毎日、別の依頼主と連絡をすることもあります。納品した記事の修正をしたり、イレギュラーな事態が起こる以外は、基本的には、1週間に2日程度、2往復~3往復程度の事務的なやり取りをするだけです。

それ以外の日は、もくもくとライティングをこなしていきます。

したがって、記事の執筆について、何か悩み事があっても、自分で解決しなくてはいけません。人間関係の煩わしさはありませんが、その分、誰かに悩みを相談したり、解決方法を提案してもらえることはありません。

在宅ライターをして3年。色々な壁にぶち当たってきました。

例えば、「執筆スピードが遅い」というお悩みは、Webライターの方なら誰もが経験している壁の一つだと思います。

ライティングに時間がかかるということは、それだけ1日にできる仕事量が減るということです。つまり、収入が減るということ。

したがって、文章を書くスピードをアップさせて、多くの仕事をこなすことが、在宅ライターの収入アップのコツです。

しかし、ライティングのスピードは、早くしようとしてできるものではありませんよね。

■ライティングをスピードアップする方法【1】まずはライティングの基本を復習する

ライティングをスピードアップするために私が試した方法の一つが「ライティングの基本を復習する」ということです。

この基本が、意外とできていないことがあります。私がライディングをする際の大まかな流れは、

①リサーチ
②アウトラインを作成
③肉付け
④見直し

などのようにしています。ライティングが遅い場合、リサーチを疎かにしていたり、アウトラインをしっかり作っていないことがあります。

■ライティングをスピードアップする方法【2】リサーチに時間を取る

新聞記者のイラスト(女性)

記事内容のリサーチ方法は、個人によって異なると思いますが、このリサーチが、記事を早く書くポイントの一つです。

これは、人との会話に似ています。話したいことがある場合は、そこまで悩まなくても、スムーズに会話できます。しかし、話題がないと、会話もぎこちなくなってしまい、言葉もなかなかでてこないものです。

つまり、書きたいことがあれば、意外とスラスラと記事が書けてしまうものです。

したがって、ライティングに時間をかける前に、まずはリサーチに時間を取って、書きたい「ネタ」をしっかり掴みましょう。「リサーチしている時間がもったいない」なんて思うのはNGです。

■ライティングをスピードアップする方法【3】アウトラインはしっかり作る

設計書のイラスト

そして、ライティングのスピードを上げるためには、アウトラインもしっかり作るようにしましょう。リサーチしながらアウトラインを作ってもいいのですが、情報をインプットしながら、構成をアウトプットすると、時間がかかる場合もありますので注意したいですね。

アウトラインを作って、記事がクライアントから指定された文字数に届きそうであれば、そこから初めて、ライティングを始めていきましょう。

■ライティングをスピードアップする方法【4】インプットの時間を増やす

無線スピーカーで音楽を聴く人のイラスト(女性)

そして、Webライティングのお仕事をしていると、どうしても言い回しがマンネリ化してしますことがあります。また、トレンドに乗り遅れてしまうこともあります。

したがって、本を読んだり、サイトやブログ、アプリを閲覧するなどして、情報収集をするような、インプットをする時間を増やすことも大切です。

言い回しが上手な記事を見ると、刺激を受けますし、語彙力のアップにもつながりますよ。

■ライティングをスピードアップする方法【5】きちんと食べて、お散歩をして、きちんと休む

タオルケットをかけて寝る人のイラスト

ライティングのスピードが上がらないと悩んでいる時は、頭も体も疲れていることがあります。

体の疲れは、栄養のある食事を摂ったり、睡眠時間を確保することで、回復させることができます。

しかし、在宅ライターの場合、座ってパソコンとにらめっこしていることが多いので、活動量が少ないので、体はそこまで疲れない。しかし、同じ姿勢でいる時間が長いことで、血行不良になりやすいですし、運動不足によって体力が落ち、疲れやすくなっている方も少なくないと思います。(ここにも一人)

このような場合、寝ても疲れが抜けないと感じたり、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなることがあります。ぐっすり眠れないと頭もボーとするし、ますますライティングが捗らない・・・なーんていう悪循環に陥ることもあります。

ウォーキングをする女性のイラスト(帽子付き)

そんな時は、20分~30分程度のお散歩をするのがおすすめです。散歩をして、外の空気を吸って、自然や街並みを眺めるだけで、開放的な気分になり、リフレッシュできます。

体もちょうどよく疲れるので、良質な睡眠を取りやすくなりますよ。お散歩なら、私のように運動が苦手な人でもできますし、ついでに買い物を済ませちゃってもいいですね。暑くて散歩ができない時や、天気が悪い日は、エアロバイク漕いでます。走るよりも体に負担がかかりにくいですが、20分くらい漕ぐと汗だくになります。

あとは、お風呂に入ってスッキリ。

そして、お仕事だけでなく、趣味に没頭するような時間も、実は頭の回転がアップしやすいと感じます。Webライターを始めた頃は、朝から晩までライティングのことを考えていましたが、心や体を休める時間を取った方が、結果として良い記事を速く書けるものです。

ぜひ試してみてくださいね。

人気ブログランキングに参加しています。応援していただけたら嬉しいです~
人気ブログランキングへ

にほんブログ村にも登録中です。応援していただけたら喜びます~
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました。ライティングのスピードを上げたい方は、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする