在宅Webライターが上手にお仕事を受注する方法

最終更新日

ご覧いただきありがとうございます。沙穂です。

ホワイトハッカーのイラスト(女性)

一見、自由気ままに見える、在宅主婦ライターですが、実は苦労していることもあります。

それは、ズバリ、仕事量です。

私は、フリーランスの在宅Webライターとしての月収が、10万円を越えていることもありましたが、現在は、新型コロナウイルスの影響で、広告費が減り、お仕事も少なくなっています。でも、そんな今だからこそ、昔からやりたかった自分のブログを立ち上げてみたわけです。

在宅Webライターをしている人の中には「できるだけ稼ぎたい!」と思っている方も多いと思います。「どうすればもっと稼げるのだろう」と稼げるライターになるにはどうすればいいのか、お仕事の受注率アップの方法を探している方も少なくないと思います。

私は、ライターのお仕事を受注する際に、クラウドソーシングサイトを使っています。

私が使っているのは、「クラウドワークス」です。ライター系のお仕事が多い印象で、初心者さんでも仕事を依頼してもらいやすいですよ。

クラウドソーシングサイトを利用する場合、やりたい仕事が見つかったら、募集要綱をしっかり読んで、お仕事に応募するのが、一般的なお仕事の始め方です。

■在宅Webライターが上手にお仕事を受注する方法【1】実績がある方はしっかり実績やスキルをアピール

付録つきの雑誌のイラスト(大人)

ライター募集のお仕事に応募する際、自分の実績をしっかりアピールしましょう。最近では、執筆した記事のURLを伝えるよう、応募要項に記載されていることも多いですね。自分で制作した記事を見せることで、ライティング力やメディアに合っているかがわかります。資格やスキルもアピールしちゃいましょう!

勉強したり、情報収集をしっかりしていることも強調するのもいいですね。

■在宅Webライターが上手にお仕事を受注する方法【2】テストライティングは、レギュレーションを守って誤字脱字に注意

レギュレーションのイラスト

ライターとしてお仕事を始める場合、未経験であっても、経験者であっても、テストライティングの結果が良ければ、採用してもらえます。実際、私も、ライターの経験がない状態から、条件の良いお仕事を受注できました。

テストライティングをする際に注意したいのが、メディアで記事を掲載する際の規則として「レギュレーション」は必ず守るということです。記事の内容がいくら良くても、レギュレーションが守られていないと、メディアに合わないと思われてしまうかもしれません。

お仕事を受注してからも、レギュレーションから外れている場合は、記事を修正する必要があります。レギュレーションは、言葉使いや、画像の選定、メディアカラー(メディアの雰囲気)に合っているか、などが重要なポイントになります。

メディアカラーは、クライアントが、「このようなイメージのサイトを作ろうと思っています」とホームページを示してくれていることが多いので、記事を書く際の参考にしてみましょう。

そして、お仕事に応募する際のメールや、執筆記事を提出する際には、誤字脱字がないかどうかもチェックしておきましょう。誤字脱字が多いと、減点対象になりやすいですよ。

■在宅Webライターが上手にお仕事を受注する方法【3】ライターとしてどれ位お仕事ができるか

日めくりカレンダーのイラスト

そして、ライティングのお仕事に応募する場合は、ライターとしてどれ位お仕事ができるかも明確にしておきましょう。

お仕事をやりたいとしても、執筆できる記事の量を水増しするようなことはやめましょう。

カレンダーを見て焦る人のイラスト(女性)

お仕事を継続して依頼してもらっていると、場合によっては、執筆数を増やして欲しいと依頼されることもあります。私は、クライアントさんとの関係を良くしたいという気持ちから、ついつい安請け合いしてしまいました。しかし、仕事量が多すぎると、締め切りに追われるようになり、非常につらい日々を送ることになりますので、仕事量が多くなりすぎないように注意したいですね。

■在宅Webライターが上手にお仕事を受注する方法【4】副業なのか本業なのか

ライターは、学生や主婦、会社員、フリーランスなど、色々な人がいます。

クライアントさんは、決まった期日にしっかり記事を納品できるライターを探しています。私がお仕事を依頼してもらっているクライアントさんは、副業でライターをしている人にもたくさんお仕事を発注しているようです。

「副業だから不利」「本業だから有利」ということはないので、安心してください。

人気ブログランキングに参加しています。応援していただけたら嬉しいです~
人気ブログランキングへ

にほんブログ村にも登録中です。応援していただけたら喜びます~
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました。

私が思う、在宅Webライターが上手にお仕事を受注する方法をご紹介しました。在宅Webライターになりたい方の参考になればうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする