在宅ライターは誰でもできる!Webライティングの始め方や仕事の選び方

最終更新日

ご覧いただきありがとうございます。沙穂です。現在、在宅ライターとして約3年間お仕事の依頼をいただいています。

■家でできる仕事がしたい

在宅ライターの仕事を選んだのは、「家でできる仕事ってないかな?」と探したことがきっかけです。以前は、家でできる仕事といえば、ものづくりをする内職が定番でしたよね。

しかし、近年は、インターネットが発達したことで、おうちでもできる仕事が増えてきました。今は、新型コロナウイルスが世界的に流行したため、自宅で仕事を行う「テレワーク」や「リモートワーク」をしている方も増えてきましたので、家で仕事をする方も珍しくありませんね。

■まずはクラウドソーシングサイトに登録

在宅ライターのお仕事を見つけようとした際、私の場合は、いくつかのクラウドソーシングサイトに登録をしました。

クラウドソーシングサイトは、サイトを通じて、お仕事を発注したい「依頼主」と、お仕事をしたい「受注者」をつないでくれるサービスを提供しています。

クラウドソーシングサイトで募集しているお仕事は、ライターだけでなく、アプリやサイトの制作、デザイン、データ入力など、色々な種類があります。私の場合は、自分の知識を生かせるようなメディアのライターのお仕事を探しました。

私がWebライティングのお仕事を探す時に使っているのは、

CrowdWorks(クラウドワークス)

です。クラウドワークスは、在宅ライターのお仕事が多く、初心者でも仕事を受注しやすいですよ。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

とはいえ!ライターといっても、経験ゼロの初心者です。

ライターの場合は、1回きりのお仕事を発注しているクライアントと、継続してお仕事を発注しているクライアントがいます。1回きりのお仕事や、単価が安いお仕事は、初心者でも受注しやすいですね。一方、継続したお仕事や、単価が高いお仕事は、初心者の方やライターのスキルによっては、受注できないケースもあります。

■どうすればライターのお仕事を受注できる?

ライターのお仕事を受注したい場合は、希望したい案件に応募しましょう。お仕事に応募する際には、

  • 自分の経験
  • 過去に執筆した記事
  • 年齢
  • ライターとしての経歴
  • 希望する記事の分野
  • どれ位のペースで仕事ができるか

などを伝えることが多いですね。

就職面接をする際は、志望動機が重要なポイントになりますが、クラウドソーシングサイトのライターに応募する場合は、志望動機はそこまで重要ではないように感じます。それよりも、ライターとしての経歴や、受注できる仕事の量などが重要視される傾向があります。

私の場合は、女性メディアのライターに応募していましたので、

  • SNSをどのくらい見るか
  • 購読している女性誌
  • 毎月ファッションやコスメにかける費用

なども聞かれました。

あとは、テストライティングをして、合格をすれば、ライターとしてお仕事ができます。ライターとしての経験がなくても、執筆した記事が良ければ、採用してもらえることもあります。したがって、在宅ライターは、誰でも仕事がもらえるチャンスがあります。1回きりの短文のお仕事の場合は、このような工程がなく、お仕事の募集ページにすでに提示されている「レギュレーション」に従った文章を書いて提出するパターンもあります。提出した記事に特に問題がなければ、すぐにお仕事が完了し、報酬が支払われることもありますよ。

在宅Webライターの仕事の選び方についても綴っています↓

【DMM見放題CHライト】7000本以上の動画が見放題!

最後までお読みいただきありがとうございました。在宅ライターの仕事をお探しの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

人気ブログランキングに参加しています。応援していただけたら嬉しいです~
人気ブログランキングへ

にほんブログ村にも登録中です。応援していただけたら喜びます~
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする