受験校への下見は必要!メリットや服装、持ち物とは

最終更新日

ご覧いただきありがとうございます。元塾講師の在宅ライター、沙穂です。

新年を迎えると、いよいよ受験が間近に迫ってきているという実感が湧いてくる方も多いと思います。受験に関する不安は色々ありますが、意外と見落とされやすいのが、受験校までの行き方です。

というのも、私は、大学受験中、大きな失敗をしたことがありました。

私は、高校受験の時は、受験校への下見に行っていました。今思えば、下見に行った恩恵を受けていたのですが、高校受験の時は、当日に特にトラブルもなく、受験校にたどり着くことができました。

しかし、大学受験は違いました。センター試験は、親に送迎をお願いしたため、下見の必要はありませんでした。滑り止めの私立大学は、知っている大学だったため、下見は必要ありませんでした。早めに家を出たこともあり、スムーズに受験会場に到着し、試験を受けることができました。

ところが!!!

大本命の国公立大学受験をした時に、事件が起こりました。その大学は、周囲に大学があり、毎朝バス停には長蛇の列ができます。しかし、下見に行かなかった私は、そんなことは知らず、朝、受験会場行きのバス停に着いて驚がく!!!

行列のイラスト

ずらーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

っと、これでもかという位、

受験生が並んでいるのです。余裕を持って家を出たはずなのに、なかなかバスに乗れず、泣きそうになりました。

結局、バスには乗れました。しかし、乗ったバスは、受験開始の10分前に受験会場に到着しました。

バスを降りたら、受験生は一斉にダッシュ!!!

息を切らせながら受験する準備を済ませ、試験を受けました。

志望校には、無事合格しました。

今ではちょっとした笑い話になっています。合格者の中では、センター試験の得点は下位の方だったので、二次試験の結果が良かったことになります。

ポジティブに考えれば、直前に「受験会場に遅刻して試験を受けられないかもしれない」という怖さから、脳がシャキッとしたのかもしれませんし、テスト前にダッシュして、頭も体もクリアになったのかもしれません。

足が渦巻きになって走る人のイラスト(男性)

しかし、冷静に考えると、もし受験に遅刻していたら当然落ちていたわけで、ぞっとします。

そんな経験をした私が思う、受験する学校に下見に行くメリットは、3つあります。

・受験に関する負担が一つ減る
・当日受験に集中できる
・受験へのモチベーションが上がる

です。

受験する学校に下見に行くメリット【1】受験に関する負担が一つ減る

受験ノイローゼのイラスト(女性)

まず、受験は、長い時間をかけて勉強をし、試験を受ける準備をします。受験当日は、「もし苦手な問題が出たらどうしよう」「テストの出来が悪かったらどうしよう」なんて、ネガティブな考えも浮かびます。

受験当日は、ただでさえ不安で、ストレスがかかる日です。

したがって、あらかじめ受験する学校に下見に行っておくことで、「どこから電車に乗ればいいのだろう」「どのバスに乗ればいいのだろう」なんていう精神的な負担を減らすことができます。

下見に行くために、あらかじめ交通機関や時刻、交通費などをリサーチしますので、受験前日に慌てて調べる必要もなくなります。

受験する学校に下見に行くメリット【2】当日受験に集中できる

テスト・受験のイラスト「試験中の女子学生」

そして、前もって受験する学校に下見に行けば、精神的な負担が減りますので、その分、当日の試験に集中できるというメリットもあります。

受験する学校に下見に行くメリット【3】受験へのモチベーションが上がる

やる気のある小学生のイラスト(女子)

そして、受験する学校に下見に行くと、受験へのモチベーションが上がり、勉強へのやる気もアップするというメリットもあります。

先輩たちが学校で楽しそうに過ごしている姿から、合格した後の自分の生活を想像すれば、「頑張って勉強して合格するぞ」という気持ちを後押ししてくれるはずです。

受験する学校に下見に行くメリット【おまけ】意外と暗記が捗る

正直、受験する学校にした見に行くのは、時間もお金もかかりますし、面倒です。

しかし、電車やバスなどに乗って下見に行くまでの道中は、暗記をする時間に当てれば、時間を無駄にすることはありません。

むしろ、電車やバスに乗っている間は暇なので、暗記に集中でき、意外と暗記が捗るという副産物もありますよ。

■受験会場に下見に行く際の服装や持ち物は?

電車を降りる人のイラスト(女性)

受験会場に下見に行く際の服装は、自由です。制服でも私服でもOKです。学校内には入らず、会場の門まで下見に行ってみましょう。ただし、迷ってしまう可能性もあるので、歩きやすい服装や靴で行きましょう。

受験校に下見に行く際の持ち物は、

  • 家から受験会場までの地図
  • 家から受験会場までに使用する交通ルートや時刻表
  • 交通費やICカード
  • 暗記グッズ
  • マスク
  • 飲み物
  • 筆記用具

などがあるといいですね。

スマホで地図や交通ルート、時刻表などを調べた方は、念のため、スマートフォン用の充電器も持って行きましょう。

受験当日あるあるなのかもしれませんが、受験生が多い場合や体調不良になってしまった場合、天候やトラブルなどで、バスや電車が混雑したり、乗れないこともあります。受験校に下見に行く際は、最寄り駅のタクシー乗り場もチェックしておき、受験当日はタクシー代も持って行くと安心ですよ。

人気ブログランキングに参加しています。応援していただけたら嬉しいです~
人気ブログランキングへ

にほんブログ村にも登録中です。応援していただけたら喜びます~
にほんブログ村

最後までご覧いただきありがとうございました。受験する学校への下見は、時間もお金もかかりますし、面倒です。しかし、受験当日、スムーズにテストを受けることができますので、合格確率アップにも貢献してくれるかもしれませんよ。これから受験を控えている方は、ぜひ受験校の下見に行ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする