個別指導とグループ授業はどちらがいいの?

最終更新日

ご覧いただきありがとうございます。沙穂です。

中学・高校の授業のイラスト(女性教師)

よくいただくのが、「個別指導」か「グループ指導」のどっちがいいのか?というご質問です。

個別指導とグループ指導は、そもそも少し授業のスタイルが違いますし、想定している生徒さんも少し異なります。もちろん、生徒さんの性格や志望校などによっても変わってきますし、塾のスタイルによっても変わってきます。個別指導か集団指導の選び方の基準になるのが、お子さんの性格です。

■グループ授業がおすすめの場合

やる気のある中学生・高校生のイラスト

一般的な「集団指導」とは、グループ授業の事です。グループ指導といっても、10人程度の少人数制の場合もありますし、大学の講義のように50人以上の生徒が一度に授業を受ける場合もあります。

グループ授業が合うのは、授業を聞いて、内容をある程度理解することができ、なおかつ、「わからない」ことを質問できる生徒さんです。

先ほどもお話しした通り、グループ指導はある程度カリキュラムが決まっていますので、自宅での勉強がキーポイントになります。宿題も多く出ますし、毎回ミニテストがあることも多いので、「きちんと勉強が身についているか」は講師も把握しているので、苦手がある場合は、講師がきちんとフォローを入れる生徒指導体制が整っています。本人にやる気がある場合は、グループ指導でOKかと思います。

個別指導と比べると、グループ指導の方が、講師と生徒がコミュニケーションを取る必要がないため、授業内容に集中できるというメリットもあります。しかし、グループ授業の場合、わからないことがあっても、解決せずにそのままにしてしまっても、授業が進んでいくというデメリットがあります。

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

■個別指導がおすすめの場合

教師と生徒のイラスト(女性)

一方、個別指導が合うのは、自分のわからない所を解決するのが苦手な生徒さんです。ただし、グループ指導よりも価格が高く、講師の質や相性によっては、思ったように成績が伸びないケースもあります。

成績が中程度以上の生徒さんの場合、ピンポイントでの指導が必要な場合におすすめです。自分のわからない所や、応用問題のみを指導するようなスタイルの個別授業です。解説を見てもわからない所や、間違えやすい所など、自分ではなかなか行き届かないところをフォローしたりしやすいのが個別指導です。

基礎問題は、そこまで説明せずとも理解できる生徒さんです。自分の苦手な所はとことん時間をかけることもできますし、過去問演習なども、より自分の苦手にマッチした指導を受けることができるのがメリットです。

また、学校の授業がよくわからない生徒さんも、個別指導にはおすすめです。塾のグループ授業は、カリキュラムが決まっているところがほとんどですし、質問のしにくいので、ある程度の積極性が必要です。

引っ込み思案で、勉強が苦手な生徒さんは、個別指導が断然おすすめです。

個別指導ですと、中学内容を学習していてつまづいたとしても、まだ理解できていない小学生の内容に戻って苦手も解決することができますし、自分のペースで、学習を進めていくことができます。

学校のワークやプリントなども質問しやすいですし、テスト前の苦手対策もピンポイントでできるのがメリットです。

他教科の対策なんかもできちゃうこともありますよ!ただし、集団指導よりも個別指導の方が値段は高くなります。

人気ブログランキングに参加しています。応援していただけたら嬉しいです~
人気ブログランキングへ

にほんブログ村にも登録中です。応援していただけたら喜びます~
にほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございます。

いかがでしたでしょうか。今回は、個別指導とグループ授業の選び方ついて、簡単にまとめてみました。学校の授業は時間が多いですが、塾で勉強する時間は本当に限られています。いかに塾をうまく使って、家での勉強時間をアップさせるかが重要なポイントになります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする