信頼できるクライアントの探し方のポイント5選

最終更新日

ご覧いただきありがとうございます。在宅Webライターの沙穂です。

ライターのお仕事を始めてから、3年以上が経過しました。その間、継続してお仕事を依頼してくれる依頼主の方もいますが、急にメディアの方針転換が行われたり、クライアントさんの事情によって、お仕事が終了してしまったこともあります。

そのような場合は、新しくお仕事を探さなくてはいけません。

私は、3年間以上、クラウドワークスでお仕事を依頼してもらっています。

クラウドワークスは、初心者からプロまでが受注できるようなお仕事がたくさん揃っているので、とても重宝しています。

私のように、在宅Webライターの方は、クラウドソーシングサイトでお仕事を探す時に、どのような点に気をつけていますか?

ライティングのお仕事を受注する場合、ライティング代行や記事作成代行など、お仕事の内容だけでなく、お仕事の報酬も重要なポイントですよね。

また、納期や条件などもチェックしておく必要があります。

その他にも、「依頼主が信頼できるかどうか?」も気になりますよね。オンラインで仕事を探す場合は、発注する相手の顔も見えませんし、身分もわかりません。基本的には、メールでのコミュニケーションになりますので、相手の性格などもわかりません。

今回は、私が思う信頼できるクライアントの探し方のポイントをお話していこうと思います。

■信頼できるクライアントの探し方のポイント【1】実績がある

プレゼンテーションのイラスト「ホワイトボード・右肩上がりのグラフ・女性」

まず、私がお仕事を選ぶ際にチェックしているのが、クライアントさんの実績です。

いくつものお仕事を依頼しており、仕事がしっかり完了しているかどうかを見ています。

オンラインという依頼方法ですので、中には、記事を納品した後に、クライアントさんと連絡が取れなくなるということがあります。

実は私も、過去に一度だけ、依頼主と連絡が取れなくなったことがありました。その時は、別のクラウドソーシングサイトで仕事を受けていたのですが、2週間以上も連絡を待ち、「そろそろクラウドソーシングサイトの本部に連絡をしようかな」と思っていたところで、ようやく依頼主と連絡が取れ、報酬を払ってもらいました。

クラウドワークスは、クライアントと連絡が取れなくなっても、事務局からクライアントへ連絡をしてくれたり、検収作業を進めてくれることもあるみたいなので、安心できます。

■信頼できるクライアントの探し方のポイント【2】評価が良い

5段階評価の星印マーク

また、お仕事を探す場合には、評価が良いクライアントを選ぶのも、信頼できるクライアントの見つけ方のコツです。

クラウドワークスでは、お仕事を受注するワーカーと、依頼主が、それぞれ相手を評価するシステムがあります。評価にはコメントを書くこともできます。

お仕事に応募する場合は、必ず過去の評価に目を通すようにしています。

■信頼できるクライアントの探し方のポイント【3】単価が極端な仕事は避けている

クラウドファンディングのイラスト(女性)

そして、単価が安すぎたり、単価が高すぎるなど、単価設定が極端なお仕事は受けないようにしています。

これは独断と偏見です。

例えば、極端に単価が安い依頼主は、ライターに対する評価が低いのかな、と心配になってしまうので、魅力的であっても受けないようにしています。また、基本的には、お仕事を長く意欲的にしたいので、単価が低いと自分のモチベーションも下がってしまいそうだという所もあります。中には、一度だけ安い値段で記事を書いてくれるような使い捨ての外注ライターを探しているクライアントもいるようなので、注意が必要です。

そして、極端に単価が高い依頼主は、それだけ記事にもクオリティを求めると思います。中には、納得いくまで、何度も何度も修正を依頼してくるクライアントさんもいると聞きます。そうすると、なかなか次の仕事ができません。結果、思っていたような好条件の仕事ではなかった、なんてことになることもあります。私は、ライティングのスキルは高くないので、修正などで時間を取られる可能性があります。

したがって、私は、文字単価0.6円~1.5円位のお仕事を選んで応募しています。

■信頼できるクライアントの探し方のポイント【4】連絡が早い

メールを持っている人のイラスト(男性)

そして、レスポンスが速いクライアントさんは、信頼できる傾向があるな、と感じます。

記事の発注から構成提出、出来上がった記事の検収や修正依頼など、ライティングのお仕事は、オンラインでのやり取りがないと進まないので、返信が早いクライアントさんですと、スピーディーに仕事が捗ります。

連絡が来ない・・・というだけで、モヤモヤした不安な日々を過ごしますしね。

■信頼できるクライアントの探し方のポイント【4】指示が的確

「あれ」のイラスト

そして、的確な指示をしてくれるクライアントさんも、信頼できるクライアントさんが多いですね。

例えば、募集要項の内容は、しっかりしたクライアントさんなのかどうかがわかる指標の一つですね。

その他にも、ライティングの仕事を受ける際には、テストライティングをすることがあります。そのような場合に、レギュレーションや記事内容の指示が的確ですと、信頼できるクライアントさんだな、と思います。

お仕事を受けて、記事を納品したのに、必要な指示が抜けていて、後から「やはりこれも追加して」とどんどん注文を出されると、修正が大変になってしまいますからね。

人気ブログランキングに参加しています。応援していただけたら嬉しいです~
人気ブログランキングへ

にほんブログ村にも登録中です。応援していただけたら喜びます~

にほんブログ村

最後までご覧いただきありがとうございました。オンライン上でのやり取りは、相手の顔も素性もわからないこと珍しくないので、仕事を選ぶ際には特に慎重になってしまいますよね。これからライティングのお仕事を探そうとしている方の参考になればうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする